次のお題へ展示を移動次の展示
ただいまの展示
No.14
作品タイトル
満月
まんげつ
撮影日時
 
撮影場所
土星探査機ガリレオによる撮影
備考
NASAのホームページに掲載
展示解説
昔の人は、月の黒っぽい模様を見て、いろんな生き物の姿を思い浮かべました。ウサギ、カニ、ほえるライオン、女の人の横顔…。皆さんは、何に見えますか?
よりみち

月の満ち欠けと大きく関係しているのが、海の潮(潮汐)の大潮・小潮です。満月と新月の時は潮の満ち引きの差が大きい大潮、半月の時は満ち引きの差が小さい小潮となります。
 これは、潮汐作用が月・太陽......
・・・つづきを読む
自然史博物館 中条武司
 さらによりみち(3)
キャラクター

17世紀末から18世紀初めにかけて、京畿道(けいきどう)の広州官窯(こうしゅうかんよう)でつくられたものと考えられます。こうした大型の白磁壺は、韓国では「タル・ハンアリ(満月壺)」とも呼ばれ、朝鮮時代......
・・・つづきを読む
東洋陶磁美術館 小林 仁
 さらによりみち(0)
キャラクター

仏教のひとつ、密教(みっきょう)という教えでは、人びとに本来そなわっている美しい悟りの心を、丸い月にたとえて「月輪」といいます。
密教の教えでは、世界中のいたるところにたくさんの仏さまたちが散ら......
・・・つづきを読む
美術館 朝賀 浩
 さらによりみち(0)
キャラクター
「満月」と
同じキーワードのページ

星の歳時記
「満月」つながり
  • なし
「十五夜」つながり
  • なし

動物王国
「満月」つながり
  • なし
「十五夜」つながり
  • なし
つながり
ミュージアム情報
大阪市立科学館
住所
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島4丁目2-1
電話
06-6444-5656(代表)
※休館日は音声対応のみ
リンク
ホームページ