次のお題へ展示を移動次の展示
ただいまの展示
No.6
作品タイトル
七夕まつり
なたばたまつり
撮影日時
 
撮影場所
機物神社(はたものじんじゃ 大阪府交野市)
備考
 
展示解説
7月7日のお祭りです。伝説では、空に輝く「おりひめ星」と「ひこ星」が天の川をわたって一年に一度のデートをする日です。七夕の日には、短冊におねがい事を書いて短冊につるします。
よりみち

よくあること、ではありますが「笹の葉さらさら」当体ながら実際に竹を飾っている、ということがよくあります。写真はマダケだと思います。竹も笹も同じイネ科のタケ亜科、だからどっちでもいいような気もしますが。......
・・・つづきを読む
自然史博物館 佐久間大輔
 さらによりみち(0)
キャラクター

七夕はもともと中国のお祭りですが、日本にはいつごろ伝わったのでしょうか。朝鮮半島ではピョンヤンの近くの壁画古墳に、「おりひめ」と「ひこぼし」の別れの場面をとてもリアルに描いた絵があります。この古墳は4......
・・・つづきを読む
文化財協会(難波宮資料展示室) 南 秀雄
 さらによりみち(1)
キャラクター

夏の暑さをしのぐためには、やはり団扇(うちわ)や扇(おうぎ)が便利です。
江戸時代には働く人びとの姿をとらえた作品が描かれますが、この絵は扇を作っている女性職人を描いています。器用な手さばきで、......
・・・つづきを読む
美術館 朝賀 浩
 さらによりみち(0)
キャラクター

七夕飾りには短冊(たんざく)に願いごとを書き付けて笹の枝に吊します。
短冊は、細長い紙に和歌や俳句などを書き記すのに用いました。金銀などできれいな装飾を施す豪華な短冊もあります。
短冊を納......
・・・つづきを読む
美術館 朝賀 浩
 さらによりみち(0)
キャラクター
「七夕まつり」と
同じキーワードのページ

星の歳時記
「七夕」つながり
「七月七日」つながり
  • なし
「織姫と彦星」つながり
  • なし
「天の川」つながり

動物王国
「七夕」つながり
  • なし
「七月七日」つながり
  • なし
「織姫と彦星」つながり
  • なし
「天の川」つながり
  • なし
つながり
ミュージアム情報
大阪市立科学館
住所
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島4丁目2-1
電話
06-6444-5656(代表)
※休館日は音声対応のみ
リンク
ホームページ