次のお題へ展示を移動次の展示
ただいまの展示
No.5
作品タイトル
夏の大三角形
なつのだいさんかっけい
撮影日時
不明
撮影場所
不明
備考
 
展示解説
夏の夜の明るい3つの星をつないで作る「夏の大三角」です。
名前は明るい順に、こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブです。ベガは七夕のおりひめ星、アルタイルは七夕のひこ星です。街明かりのない場所に行くと、おりひめ星とひこ星の間を流れる天の川を見ることができます。
よりみち

夏の大三角形とならんで有名な夜空の星は、北斗七星でしょう。北斗七星は中国の道教(どうきょう)という宗教では神さまとしてまつられ、それが仏教にも取り込まれました。
この絵は荼吉尼天曼荼羅(だきにて......
・・・つづきを読む
美術館 朝賀 浩
 さらによりみち(0)
キャラクター

昔の七夕飾りをデザインした蒔絵(まきえ)の硯箱(すずりばこ)です。筆や墨などの筆記用具を入れる箱です。
この箱のふたのデザインには、空に三つの星が表現されていますが、これが夏の大三角形かも知れま......
・・・つづきを読む
美術館 朝賀 浩
 さらによりみち(0)
キャラクター
「夏の大三角形」と
同じキーワードのページ

星の歳時記
「夏」つながり
「七夕」つながり
「天の川」つながり

動物王国
「夏」つながり
「七夕」つながり
  • なし
「天の川」つながり
  • なし
つながり
ミュージアム情報
大阪市立科学館
住所
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島4丁目2-1
電話
06-6444-5656(代表)
※休館日は音声対応のみ
リンク
ホームページ