次のお題へ展示を移動次の展示
ただいまの展示
No.2
作品タイトル
月の満ち欠けとカレンダー
つきのみちかけとかれんだー
撮影日時
 
撮影場所
 
備考
 
展示解説
むかしの日本で使われた「太陰太陽暦」(旧暦)は、月の満ち欠けで日付を決めるカレンダーです。そのため、三日月なら毎月3日、上限の月(満月前の半月)なら7日、満月なら15日というように、月の形を見ればだいたいの日付がわかりました。月の満ち欠けは、潮の干満時刻とも関係するので、今でも海で仕事をする人や釣りをする人は旧暦を使うことがあります。また、古くから伝わる風習や行事は、旧暦の日付で行なわれることもあります。
よりみち

 魚などの海の生きものの活動や生活サイクルは、水温なども関係していますが、潮汐も大きな要因になっています。
 潮の干満が一番大きくなる大潮時に、産卵、仔魚の浮遊状態から着底などのイベントが行われ......
・・・つづきを読む
自然史博物館 波戸岡清峰
 さらによりみち(1)
キャラクター
「月の満ち欠けとカレンダー」と
同じキーワードのページ

星の歳時記
「月」つながり
「満ち欠け」つながり
  • なし
「カレンダー」つながり
  • なし
「旧暦」つながり
「潮位」つながり

動物王国
「月」つながり
「満ち欠け」つながり
「カレンダー」つながり
  • なし
「旧暦」つながり
  • なし
「潮位」つながり
  • なし
つながり
ミュージアム情報
大阪市立科学館
住所
〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島4丁目2-1
電話
06-6444-5656(代表)
※休館日は音声対応のみ
リンク
ホームページ