次のお題へ展示を移動次の展示
ただいまの展示
No.17
がませんにん
作品タイトル
蝦蟇仙人図
がませんにんず
作者
森川曽文(もりかわそぶん)
時代
明治時代(19世紀)
地域
日本(京都)
材質
絹 彩色
展示解説
蝦蟇仙人(がませんにん)とは古代中国のガマを使って妖術(ようじゅつ)をおこなったとされる仙人で、伝統的な絵画の題材にもなっています。

ガマガエルの化身のようなグロテスクな顔をした仙人の体には数多くのガマがまとわりついています。カエルを手にした仙人の表情には一種の愛情ともいうべき暖かい眼差しがうかがえます。

水辺では擬人化(ぎじんか)された種々のカエルたちが戦闘している様子がうかがえます。幕末から明治にかけての国内の混乱の様子を、擬人化したカエルによって風刺(ふうし)したものという説もあります。
よりみち

ガマたちがとばしているのは松葉の矢。そして刀や鉄砲のかわりにいろいろな草花を抱えています。
レンゲやツクシ、春の草花が多いのですが、よく見ると奇妙なものも混じっています。ススキ、ナデシコ、オミナ......
・・・つづきを読む
自然史博物館 佐久間大輔
 さらによりみち(9)
キャラクター

蝦蟇で合戦風景ときたら思い起こすのは、ガマ合戦です。
早春の頃、大阪周辺なら3月後半から4月前半頃、ヒキガエル(俗にいうガマガエル)が、池や田んぼにたくさん集まって、数日間のガマ合戦を繰りひろげ......
・・・つづきを読む
自然史博物館 和田岳
 さらによりみち(0)
キャラクター

日本の古代の歴史書に『続日本紀(しょくにほんぎ)』というものがあります。その中の、桓武(かんむ)天皇の時代、くわしくいうと延暦(えんりゃく)3年5月のこと、西暦だと784年に当るこの年に、2万匹のガマ......
・・・つづきを読む
文化財協会(難波宮資料展示室) 櫻井久之
 さらによりみち(1)
キャラクター

明時代、福建省のしょう州窯でつくられた大きな盤です。中央には、背中に大きな花籠を背負い、杖をもった人物が鹿とともに描かれています。これは中国の民間に伝承される8人の仙人、いわゆる「八仙」の一人である韓......
・・・つづきを読む
東洋陶磁美術館 小林 仁
 さらによりみち(0)
キャラクター
「蝦蟇仙人図」と
同じキーワードのページ

動物王国
「明治」つながり
「カエル」つながり

星の歳時記
「明治」つながり
  • なし
「カエル」つながり
  • なし
つながり
ミュージアム情報
大阪市立美術館
住所
〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
電話
06-6771-4874(代表)
リンク
ホームページ