次のお題へ展示を移動次の展示
ただいまの展示
No.10
ねずみ
作品タイトル
鼠図
ねずみず
作者
白井直賢(しらいなおかた)
時代
江戸時代(19世紀)
地域
日本
材質
絹 彩色
展示解説
白井直賢(しらい なおかた)は、写実的な画風を確立した円山応挙(まるやま おうきょ)の門下で、特に鼠(ねずみ)を得意としました。図は三匹の鼠が羽箒(はぼうき)の周囲に集まっている様子です。

鼠の愛らしさを引き出しているのはゴマつぶのような両眼で、光沢のある黒漆(くろうるし)で盛り上げられています。
よりみち

羽箒の大きさと比較して,あまり大きなネズミではないし,耳が大きいので,ハツカネズミかな.ハツカネズミは,化石では見つかっていません.いつ日本に入ってきたのか,私は知りません.どなたかこの件について書か......
・・・つづきを読む
自然史博物館 樽野博幸
 さらによりみち(0)
キャラクター

ねずみ男はアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる妖怪(ようかい)ですが、このアニメにはこの他にもたくさんの種類の妖怪が出てきます。作者の水木しげるは、妖怪を描くために日本の昔の絵巻物などに登場する化け物を......
・・・つづきを読む
美術館 朝賀 浩
 さらによりみち(0)
キャラクター
つながり
ミュージアム情報
大阪市立美術館
住所
〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
電話
06-6771-4874(代表)
リンク
ホームページ