次のお題へ展示を移動次の展示
ただいまの展示
No.6
ふくろう
作品タイトル
鴟鴞形水滴
しきょうがたすいてき
作者
不詳
時代
六朝時代
地域
中国
材質
青銅
展示解説
鴟鴞(しきょう)とは、フクロウ、ミミズクのことで、中国では夜行性で獰猛(どうもう)な鳥であることから、夜に徘徊(はいかい)する邪悪(じゃあく)なものを寄せ付けない聖なる霊鳥と考えられました。この作品は硯(すずり)に注ぐ水をためる水滴(すいてき)で、スポイト状の器具で少量の水を注ぎます。
よりみち

現在、中国で生物学的な意味でのフクロウを表す漢字は、鴞が一般的です。鵰鴞(シマフクロウの類)や鵂鶹(キンメフクロウの類)と書かれる......
・・・つづきを読む
自然史博物館 和田岳
 さらによりみち(0)
キャラクター

鴟鴞(しきょう)をかたどった青銅製の器で、中国商(殷)時代のものです。「卣(ゆう)」とは蓋が付き、把手のある祭祀(さいし)用の器で、お酒を入れるためのものでした。器の表面に......
・・・つづきを読む
東洋陶磁美術館 小林 仁
 さらによりみち(0)
キャラクター

 日本の絵にもフクロウは描かれています。これは、桃山時代に活躍した長谷川等伯(はせがわとうはく)という絵師が描いた作品です。
 木の枝にとまっているフクロウとそのまわりを飛ぶ2羽のカラスが墨を使......
・・・つづきを読む
美術館 秋田 達也
 さらによりみち(0)
キャラクター
「鴟鴞形水滴」と
同じキーワードのページ

動物王国
「フクロウ」つながり
「ミミズク」つながり
  • なし
「中国」つながり
「六朝」つながり
  • なし
「鳥」つながり

星の歳時記
「フクロウ」つながり
  • なし
「ミミズク」つながり
  • なし
「中国」つながり
「六朝」つながり
  • なし
「鳥」つながり
  • なし
つながり
ミュージアム情報
大阪市立美術館
住所
〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
電話
06-6771-4874(代表)
リンク
ホームページ