次のお題へ展示を移動次の展示
ただいまの展示
No.5
うさぎ
作品タイトル
流水に兎図皿
りゅうすいにうさぎずさら
作者
不詳
時代
江戸時代(18世紀)
地域
日本(伊万里)
材質
青磁染付
展示解説
二匹の兎(うさぎ)が流水のそばで飛びはねている様子が描かれます。兎は互いに視線を合わせていますが、その体は兎にしてはたいへんたくましく描かれています。これはもともと雌雄(しゆう)の獅子(しし)の図柄(ずがら)を頭部のみ兎にかえたためと考えられます。
よりみち

ハイキングなどで野山を歩くと、スパッと切られた低木や草をみつけることができます。大阪周辺でそうしたあとを見た場合、ウサギや、シカなどいくつかの動物が考えられますが、食べあとから何が食べたのかを推定する......
・・・つづきを読む
自然史博物館 佐久間大輔
 さらによりみち(1)
キャラクター

「しし」という言葉は、古い日本語では「ライオン」「イノシシ」「シカ」の三つの動物を指す言葉でした。まぎらわしいので「ライオン」のことを「唐獅子」と呼びます。
桃山時代の武将たちは、たくましい唐獅......
・・・つづきを読む
美術館 朝賀 浩
 さらによりみち(0)
キャラクター
「流水に兎図皿」と
同じキーワードのページ

動物王国
「江戸」つながり
「兎」つながり
「ほ乳類」つながり
「陶磁器」つながり
「月」つながり

星の歳時記
「江戸」つながり
「兎」つながり
  • なし
「ほ乳類」つながり
  • なし
「陶磁器」つながり
  • なし
「月」つながり
つながり
ミュージアム情報
大阪市立美術館
住所
〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
電話
06-6771-4874(代表)
リンク
ホームページ