次のお題へ展示を移動次の展示
ただいまの展示
No.3
とら
作品タイトル
龍虎図のうち虎図
りゅうこずのうちとらず
作者
狩野派(かのうは)
時代
桃山時代(16世紀)
地域
日本
材質
絹 彩色
展示解説
波頭(はとう)の上の渦巻(うずま)く雲の中に飛翔(ひしょう)する龍の図と一対の屏風(びょうぶ)です。龍虎図(りゅうこず)は東洋絵画では伝統的な画題で、龍と虎は陰陽五行説(おんみょうごぎょうせつ)により対応する動物と考えられていました。

親子の虎は飛翔する龍の姿をにらんでいますが、親虎が動じることなく泰然(たいぜん)としているのに対し、こどもの虎は前足に力を込め、構えた体勢に描かれている点が微笑(ほほえ)ましくあります。
よりみち

背景の竹は節のところにへこみがある表現になっています。
これは、マダケやハチクの特徴で、モウソウチクにはない特徴です。
桃山時代であれば、モウソウチクはまだ日本に渡来していないはずですから......
・・・つづきを読む
自然史博物館 佐久間大輔
 さらによりみち(1)
キャラクター

龍虎図と称するからには虎が描かれてるんでしょうが、リアルに書こうという気はまったくなさそう。ミッキーマウスはネズミであるというのと同レベルです。

本草綱目など、当時の植物図鑑にあたるもの......
・・・つづきを読む
自然史博物館 和田岳 佐久間大輔
 さらによりみち(0)
キャラクター

 88年(古い?)のソウルオリンピックのマスコットは”ホドリ”という虎でしたが、韓国・朝鮮の昔話には虎が数多く登場し、昔から親しまれている動物のひとつです。
 朝鮮時代(1392〜1910)の陶......
・・・つづきを読む
東洋陶磁美術館 かたやま
 さらによりみち(0)
キャラクター

トラの絵とセットになっているのは龍の絵です。
龍は実際には存在しない想像上の動物ですが、墨だけを使って描いたこの絵では、渦巻く雲の間に飛んでいる龍が本当に存在するかのように写実的に描かれています。
・・・つづきを読む
美術館 朝賀 浩
 さらによりみち(2)
キャラクター
「龍虎図のうち虎図」と
同じキーワードのページ

動物王国
「桃山」つながり
「虎」つながり

星の歳時記
「桃山」つながり
「虎」つながり
  • なし
つながり
ミュージアム情報
大阪市立美術館
住所
〒543-0063
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
電話
06-6771-4874(代表)
リンク
ホームページ